CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
細々とランクイン中です↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 美大生・芸大生へ
ARCHIVES
CATEGORIES
           
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
無限の地平を前にするコラッタ(就職を前にして)
【就職、いやーな感じ?】

 就活を始める前まで就職というのはたくさんの選択肢の中からたった1つだけを選ぶことで、自分の将来の姿を限定してしまう気がしてました。

自分に無限の可能性があることとその無限の物事が達成可能であるということは違うのだと、現実を突きつけられて嫌でした。何かもうタイに逃亡するくらい本気で嫌でした。

取捨選択という言葉に実感が伴ったとたん、何かをするということはそれ以外の全てをしないことなんだと学習した僕は、貧乏根性でまあいやーな感じに思えてしまったわけです。




【無限の地平を前にするコラッタ】

 でも最近、自分の選択肢を切り捨てることは悪いことじゃないと感じるようになりました(まあ最近は1つの会社に永久就職するわけでもないだろうから、極端なのはわかってますが)。
それはたぶん、自分のやりたいことや役割が自分の中ではっきりしてきたからなのだと思います。

自分のやりたいことがはっきりしたきた瞬間に、そのフィールドで自分がやるべきことの膨大さに驚かされます。例えば医者でも弁護士でもアーティストでも、その職に就くことで「無限の可能性」はなくなるのかも知れない。でも同時に、彼らの目の前には自分が取組むべき無限のフィールドが広がっているのだと思います。

そして僕はというと、まだまだレベルが低い。コラッタレベルです。
こんなんじゃマサラタウンにさよならバイバイなんてできません。

だからオーディエンスシートから「あれはダメだ」「これはどうだ」とステージに向かって文句言ってるのはもうお終い。本当はもっと早く暖かい会場を後にして寒くて厳しいステージ側に立たないといけなかったんだけど..

もうすぐ就職するわけですが、自分の人生に100%責任を持って生きてるって胸張っていえるようにもっともっと結果を求めていこうと思います。

うん、今年はそういう年にしたい!

======

※このブログは引越ししました!
 就職活動を終え、どのような社会人生活を送っているかなどを書いてます。
| 日記 | 18:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ムサビ卒業制作展
 美大生活最後のイベントが今日終了しました。

僕はこれまで自分の作品を展示したことはなく、
今回初めて作品を展示しました。

展示をするにあたっての反省点を書いておきます。
(後輩達よ、少しでも糧としてくれ..)


【1.なんだかんだ言っても見た目がすべて】

 前提として論文を選択しない限り「作品」として勝負することになります。
なので作品の背景にどういった意図があっても、結局作品としてのパワーがないとまず見てもらえない。もし展示会場にパワーを持つ作品があったとすると、そちらに鑑賞者の興味は移ります。これは当たり前のことですね。
その空間で展示にたえられるくらいの作品をつくることが重要だと思います。なんかよくわかんないんだけど、すごい。みたいな。

まず大事なのは、見た目として人を引き寄せるような引力を持った作品をつくることです。
小さい作品なら量、大きい作品なら迫力をという感じですかね。伝わるかな。


【2.熱量/パッション】

 1と関係しますが、2つ目は自分の作品へのパッションです。
よく新規事業を立ち上げる際にも言われることですが、それをやる人の情熱がとても重要です。
好きで楽しくてやってる人は作品がどんどん良くなります。
好きだからどんどんいいアイディアが生まれ上積みされ、最初想定した完成像よりももっといいものになったりします。
制作は構想から数ヶ月かけるものなので、もし制作者に情熱がなければ途中で立ち止まることでしょう。

なので、自分をより遠くへ運んでいってくれるような情熱をもてるようなテーマを探し、見つけだすことが重要です。



【3.魅せ方】

 情熱を持っていいものをつくったら、最後は魅せ方です。

来場者が20分自分の作品のあるフロアにいてくれるとして、その内の5分をどうやって手に入れるのか、というのが魅せ方/展示時の工夫だと思います。

そのため、展示の時期がiPadなど最新の機器の発売直後であればそれを展示に組み込んだり、他におもしろい仕掛けをつかってアテンションを得ることを第一に考えましょう。

ただ展示しているだけならどうせ制作ノートや研究ノートなどというのは読んでもらえないものです。でも興味を持ってもらえばそういったものも読んでもらえる確立が高まります。

だから、魅せ方は本当に重要です。



まとめると、パワーのある作品をつくり、見てもらうための仕掛けをする。
もうこれに尽きます。後輩達よ、ちょうど一年後は君たちも展示をしていることと思います。

しょぼい先輩の教訓を少しでも糧にしてもらえればと思います。

======

※このブログは引越ししました!
 就職活動を終え、どのような社会人生活を送っているかなどを書いてます。
| ムサビ | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/56PAGES | >>