CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
細々とランクイン中です↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 美大生・芸大生へ
ARCHIVES
CATEGORIES
           
SPONSORED LINKS
<< 最大公倍数とコミュニケーションの保存 | main | 「就職活動」について >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
MIT石井裕教授の記事
 今朝非常にやる気を出させてくれる記事を見つけた。
MITメディアラボの石井裕教授にインタビュー記事。去年この人の講演会に行った時もすごい人だと感じたが、この記事を読めばだいたいこの人の考えはわかると思う。

特に感銘を受けた箇所を引用させてもらった。



以下:

エンジニアの星


 MITに在籍する教授には、最高レベルの研究業績が求められます。しかも、MITに職を得てから6、7年以内にその要件を満たしたことを客観的に証明できなければ大学を去らなければなりません。トップクラスの大学でテニュアを取れる可能性は2、3割程度。つまり、それ以外の人は生き残れない、大学を辞めざるを得ないということです。MITの元学長は私にこう言いました。「MITは最高の教授しかもたない。だから最高の学生を集められるのだ」と。

(中略)


何かのプレッシャーがなければ、必死さは生まれないと思っています。自由に研究していい、と言われて、本当にいい研究ができるかどうか。忙しいからこそ必死になる。忙しさの中で必死にヒントを見つける。飽食の時代で恵まれすぎていることは、意外に不幸なことなのかもしれない。飢えがないからです。適度なプレッシャーがあるほうが、実はいいんです。MITには、世界中から学生が集まりますが、厳しい競争環境の中でみんな必死です。目の色が違う。

 私は、多くの日本人が弱いのは、「深み」ではないかと思っています。哲学、と言ってもいいかもしれない。例えば、なぜ、という質問に答えられるか。なぜ、その研究なのか。なぜ、自分は生きているのか。なぜ、自分という存在はあるか……。世界にどう貢献するのか、という大義をもっているかどうかです。MITの学生たちが目を輝かせるのは、自分が作った技術やアイデアが社会に貢献し、社会に残るかもしれないのだ、という事実を知ったときです。見つめている視点が高い。だから小さな成功に満足することはない。小さな成功を守ろうとすることもない。一度の成功で満足もしない。


これを読むと「負けてられないぞ!」という気持ちになる。
こういう日本の財産のような人物を日本にとどめていられないのが残念だ。

======

※このブログは引越ししました!
 就職活動を終え、どのような社会人生活を送っているかなどを書いてます。
| 日記 | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:39 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









twitter
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
PROFILE
OTHERS