CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
細々とランクイン中です↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 美大生・芸大生へ
ARCHIVES
CATEGORIES
           
SPONSORED LINKS
<< ムサビ卒業制作展 | main | 名刺つくりました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
無限の地平を前にするコラッタ(就職を前にして)
【就職、いやーな感じ?】

 就活を始める前まで就職というのはたくさんの選択肢の中からたった1つだけを選ぶことで、自分の将来の姿を限定してしまう気がしてました。

自分に無限の可能性があることとその無限の物事が達成可能であるということは違うのだと、現実を突きつけられて嫌でした。何かもうタイに逃亡するくらい本気で嫌でした。

取捨選択という言葉に実感が伴ったとたん、何かをするということはそれ以外の全てをしないことなんだと学習した僕は、貧乏根性でまあいやーな感じに思えてしまったわけです。




【無限の地平を前にするコラッタ】

 でも最近、自分の選択肢を切り捨てることは悪いことじゃないと感じるようになりました(まあ最近は1つの会社に永久就職するわけでもないだろうから、極端なのはわかってますが)。
それはたぶん、自分のやりたいことや役割が自分の中ではっきりしてきたからなのだと思います。

自分のやりたいことがはっきりしたきた瞬間に、そのフィールドで自分がやるべきことの膨大さに驚かされます。例えば医者でも弁護士でもアーティストでも、その職に就くことで「無限の可能性」はなくなるのかも知れない。でも同時に、彼らの目の前には自分が取組むべき無限のフィールドが広がっているのだと思います。

そして僕はというと、まだまだレベルが低い。コラッタレベルです。
こんなんじゃマサラタウンにさよならバイバイなんてできません。

だからオーディエンスシートから「あれはダメだ」「これはどうだ」とステージに向かって文句言ってるのはもうお終い。本当はもっと早く暖かい会場を後にして寒くて厳しいステージ側に立たないといけなかったんだけど..

もうすぐ就職するわけですが、自分の人生に100%責任を持って生きてるって胸張っていえるようにもっともっと結果を求めていこうと思います。

うん、今年はそういう年にしたい!

======

※このブログは引越ししました!
 就職活動を終え、どのような社会人生活を送っているかなどを書いてます。
| 日記 | 18:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 18:17 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









twitter
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
PROFILE
OTHERS