CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
細々とランクイン中です↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 美大生・芸大生へ
ARCHIVES
CATEGORIES
           
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
蛮幽鬼感想。
先日、蛮幽鬼の舞台のゲネプロに招待していただきました。

ちょっと前に行った野田秀樹さんのザ・ダイバーとはまた違った舞台で、すごくエンターテイメント性の強い作品でした。


そもそも、僕は美術は勉強してるけど、舞台には縁のない男でした。
そんな全然舞台に行ったことがなかった僕ですが、8月の世田谷パブリックシアターでのインターンをきっかけに舞台方面の方々と知り合い、舞台にも少し詳しくなりました(さわり程度w)。



ダイバーを観た時は僕の知ってるいかにも「お芝居」という印象でした。
観客がいて舞台のセットがあって、みたいな。

でも今回の蛮幽鬼は、とにかく迫力がすごかった。音も演技も。しかも内容はすっごくわかり易いからコアな演劇ファンとかから批判されるのかなーとか思いつつ、僕にはツボでした。


あと早乙女太一さん、千葉哲也さん、堺雅人さんを観れたのが純粋に嬉しかったw



舞台は休憩を除いて約3時間。お子様な僕でも退屈せずにホントあっという間の3時間でした。とにかく舞台のおもしろさをガンガン感じました。
途中スクリーンが降りて来て映像が流れるとことか、全く舞台を知らない僕には新鮮でした。

でも映画とは違って観客との一体感があって一方的じゃない。それが嬉しかった。これが舞台の魅力の1つなのかなと思いました。




学生には高いチケットだけど、本当に行って損無いと思いました。
| 舞台/芝居 | 20:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |