CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
細々とランクイン中です↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 美大生・芸大生へ
ARCHIVES
CATEGORIES
           
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
就職活動の「形」について
 この数ヶ月の間に「就活」という大きな出来事を経験したので、最近このブログでは僕なりに疑問に思ったことなどをエントリーしている。

僕のブログには、決して多くはないが毎日だいたい40人〜60人くらいの人が訪れてくれている。検索キーワードとしては「説明会+企業名」や「企業名+面接」「会社名」で来ている人が多いので、訪問者的には就活生や人事担当者が8割くらいだ。

なので最近の就活を終えてのエントリーは就活中の人には集中力を乱す内容になっていたかもしれない。おそらく、今後はそういった内容やまったく関係ない美術の話に戻ろうと思っているので、これまで個別の説明会感想や面接の感想を期待する人が望む情報は発信できないことを一応書いておく。

ちなみに、あと就活らしいエントリーは内定を受けてどの企業に承諾書を出したか、何が決め手になったかということくらいだ。



それで、だ。今回のエントリーでは今僕が就活について考えていることを触れておきたい。まだまとまっていないが、考えていることは「就活の形」について。

僕は結論を先に持ってくるのが好きなので先に書くが、結局これからの「就活の形」を決めるのは、たぶんコミュニケーションコストだと思う。


今の現状としては、学生側から見ると数十年前までは先輩経由での就職だったのが、リクナビが登場して学生の会社選びはかなり広がり、今ではネットで「ナビ」と呼ばれる就職支援サイトから会社を選んで就活を進めているのが一般的になっている(弊害としては、その中からしか会社を選ばない人が多いこと)。そして自分に会う企業をその中から黙々と探す。


で、企業側はそうやってマス的に学生にコミュニケーションをとっていく一方で、リクルーターと呼ばれる昔ながらの「先輩経由」の方法をとり(ピンポイント)、会社説明会は会場を借りて何度も何度も行っている。

こういったことが現状としてがあるが、企業側としては多くの学生を集め(母体数拡大)、その中から見込のある学生を選ぶ。ならば、母体数を増やしたのであればUstなんかで会社説明会をし(Ustがオープンすぎならリクナビ上のみとかで動画配信)、2万人とかに見てもらえればいいと思う。で、小さくリアル会社説明会を行い、ピンポイントリクルーターも続ければ良い。リアル会社説明会も、「会社説明会で見てきてください。で、どうしても直接質問したい人や社員と話をしたい人は来てください」とすればいい。要は座談会のみを行う。

これはどうだろう?最高じゃないだろうか。学生としても地方でも都市でも格差はなくなるし、筆記はテストセンターかどこかの会場を今まで通り利用すれば良い。

この方がいいのではないか。今の現状では新卒一括採用で、基本3年の10月から就活が一斉に始まり、数ヶ月に渡り結構な負担が一気に押し寄せることを考えれば、説明会参加にかかる交通費とスケジューリングコストが抑えられる。

企業としては会場費コストが抑えられ、僕みたいにさっさと就活を終えようと考えていた学生にもハッピーなはずだ。あとは学生と採用担当者の心の問題だろう。

技術としては、完璧にコミュニケーションコストを抑えられる。後は就活に関わる人々の納得/心の問題だと思う。

======

※このブログは引越ししました!
 就職活動を終え、どのような社会人生活を送っているかなどを書いてます。

| 就職活動 | 21:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「就職活動」について
 今月頭に行われたジョブウェブさんとベネッセさんのコラボセミナーに行って以来、僕は完全に朝型生活に切り替えた。ジョブウェブ代表の佐藤さんが朝型をゴリ押ししていたからだ。きっと本当に良いのだろうと思い、何とか3日坊主を回避し朝型生活は今日で3週間を迎えた。

正直、僕の場合は朝型という外枠ができただけで、中身の方はまだ改善の余地がある。だが朝大量にインプットをする時間ができたことはかなり大きかった(インプットの量が増えた事でtwitterのツイート数が最近増え始めるという発見もあった)。

夜無限に使える時間を使うよりも、朝パリっとタスクの1つでもこなした方が僕は気持ちいいので是非お勧めしたい。


さて、今日は「就職活動」について書こうと思う。
僕はそもそも昨年の10月末に嫌々就活を開始し、その後タイへの逃亡を経て11月から本格的に就活を始めた。そして例によって自己分析をして業界研究をして・・という流れだ。

そのときの僕の問題意識は就活の早期化にあり、その歯止めとしてこの就職氷河期はカウンターとして機能するかもしれないと何となく考えていた。

だが、ネットで「就職活動は日常生活への負担が大きい」という書き込みを見たとき、そもそも問題は就活の早期化にあるのではなく、日常と就活が完全に乖離していることが問題なのだと気づいた。昨日、一緒に飲んだ1つ上の先輩も同じことを言っており「まさにその通り!!」と思った。

結局、そうなのだ。そもそも将来を考えることは日常から当たり前であるのにも関わらず、3年の10月くらいから(最近では3年生になると同時に)いきなり「就職活動」というものがのしかかってくる。それまで後回しにしてきたのだから、これではキツいはずだ。


ただ、この問題の背景を考えると仕方ないと言わざるを得ない。
なぜならたいていの高校生は大学合格が目的化し、その先については考えている人はほぼ稀だろう。そうなった原因は、勉強を何のためにしているのかということをほとんど考えずに受け入れてきてしまったことだろう。
極端に書き過ぎかもしれないが、僕の周りには現に「○○大学に入りたい!だからその大学の社会学部と経済学部と教育学部と文学部受ける!」みたいなやつは普通にいた。

僕の場合は、高校までの1つの問いに対して1つの答えを出すという教育に違和感を覚えていたこともあり、とにかく多くの知識を丸暗記し蓄積することを競うゲームにはどうしても乗っかれなかった(当時はそうとしか考えられなかった)。
だから芸術とか哲学というものに惹かれて美大を目指したから、当然大学ではそういったものを勉強できれば満足であり、就職に興味が向いていなかった。つまり、ずっと自分の心地いい勉強をして知的好奇心を満たし続けていたかったというわけだ。


では僕のような人間の場合や偏差値ゲームのような人間たちは、どうやって日常生活と就活の乖離を埋めていく事ができるのか。言い換えればどうすれば「将来について」というテーマを引き受け、つき合っていけるのかといえば、ここまで読んでもらっておいて申し訳ないが僕はまだその答えを持っていない。

このテーマは自分としても考えていきたいテーマの1つなので、下にリンクを張った本を読んでみて考えてみようかなというのが現状である。

======

※このブログは引越ししました!
 就職活動を終え、どのような社会人生活を送っているかなどを書いてます。


佐藤 孝治
PHP研究所
コメント:ジョブウェブ佐藤さんが執筆された本。一度お話ししたことがあるが、僕の話に真剣に向き合ってくれたことが嬉しかった。これから読もうと思う。

| 就職活動 | 00:20 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
近況と就活
 朝型生活を初めて、早一週間が過ぎた。ほぼ6時台に起き、今まで夜やっていたRSSのチェックや新聞の切り抜きなどを朝やっている。朝やるメリットとしては、夜のようにいつまででも時間がある訳ではないので、割と時間を意識してやれるところだ。


先日、ずっと放置していたwebサイトの更新と改善をするようメールが来た。僕も中途半端なままにしてると、自分自身が中途半端になる気がしていたのでなるべく早く改善していきたい。年度もかわってしまうので、一区切りする良いきっかけだ。

考えてみれば、もう3月なのだ。僕に残されたスーパー自由な大学生活は、あと1年しかない。今振り返ると、いろんなことをやってきたなと思い出の中に入り込むこともできるのだが、この1年はこれまでの3年とは比較にならないくらいおもしろい1年にしたいと思う。乗り越えるべきは過去の3年間だ。



就活のことにも触れておくと、今日はザッパラス社の2次面接があり、来週ある会社の最終面接がある。今月末には「内定直前!トップ5%人材は今、何を考えているのか?」というタイトルのパネルディスカッションにパネラーとして参加することになった。僕の双肩には重すぎるタイトルだが、何事もチャレンジだと思っている。


ちなみに僕が今はまっているのはこれだ。

ドコモ for PC


鉄人でブラックオックスを倒すというものだが、映像なんかもよくつくられていておもしろい。

======

※このブログは引越ししました!
 就職活動を終え、どのような社会人生活を送っているかなどを書いてます。

| 就職活動 | 08:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
最近の就活4
最近の就活はあまり説明会には行かず、2月から続いている選考に集中し、「ない」と思ったところは辞退しているという感じです。
新しくエントリーすることも滅多に無く、そろそろ就職活動を終えようとしているところです。そんな中で説明会に行った3社についてです。


リクルートエージェント説明会

僕が行った説明会の中でも、ベスト3に入るくらい説明が良かったです。
ただ単にスライドを見ながら30分、1時間と説明する人事の方もいますが、リクルートエージェントさんに関してはそんなことはありませんでした。良かったのは、説明の合間合間に社員が仕事をしている映像を流すことで「今説明したことは、実際にこういう感じになるのか」と仕事のイメージがしやすいところです。
会社としての弱点は、転職市場なので景気に左右されてしまうところでしょう。


ベネッセ×ジョブウェブコラボセミナー

ベネッセとセミナーのテーマに興味があり、参加してみました。ベネッセがこんなにも新規事業に積極的な企業だとは知りませんでした。また、ジョブウェブ代表の佐藤さんとベネッセの部長さんとのトークセッションがとてもおもしろいと感じました。実際に新規事業を立ち上げるときの裏話てきなところを聞けて、その場行くだけのバリューはしっかりありました。


GMO会社説明会

GMOは就職活動中にどうしても見ておこうと思い、参加しました。
会社の事業はともかく、説明会の内容としては、正直・・・あまり悪口を書くつもりはないのですが、だらだらやってる感はすごくありますね。同じ話を何度も繰り返したりするのが、時間がもったいないと感じましたね。トークセッションも、メインの2人に自由に話させてあげればいいのに、なぜか必ず司会みたいな人が・・・
ってあまり書いても仕方ないのでこのへんで。

======

※このブログは引越ししました!
 就職活動を終え、どのような社会人生活を送っているかなどを書いてます。



| 就職活動 | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
最近の就活3
今回は選考4社、オフィス見学1社です。


ミクシーグループディスカッション

数日前に受けたので、まだ連絡がありませんが、どうなんだろw
一先ず、あまりいいGDではありませんでした。内容としては共通のテーマに沿ってグループで話し合って、それぞれ発表みたいな形です。まあ、後は結果を待つのみです。ただ、マッチングってあると思うのでその後の選考をどうするかよく考えようと思ってます。



グリー役員面接

ちょっと気持ちが沈んでいたので、いまいちな内容でした。
ただ、思っていることは正直に言ったので、あとは面接してくださった方に判断していただこうと思います。特に落ちる理由は見当たらないと思いますので、あとは会社に合うかどうかだと思います。もしパスってれば次最終。


ザッパラス1次

筆記+面接でした。面接は人事の方で、こちらも正直に話をしてきました。さっき次回の選考へという連絡をいただいたので、来月2次面接を受けてきたいと思います。
ちなみに筆記はクイズみたいでおもしろかったです。



某D社オフィス見学

「ここで日々サービスが生まれているのか・・!」と感じました。やはり最先端のビジネスモデルを構築して世界でもトップのフィールドで頑張っているということを考えると、ふるえがきました。正直、自分はこんなにすごい人たちの中で働いていけるんだろうかという不安もなくはないですが、本気でチャレンジして自分を試す価値はあると感じました。すごい人がごく普通にいるというのがすごいです。



ウェブクルー役員面接

とてもいい会社だといつも感じます。できればオフィスを見せてほしいなとか思います。新卒で入社する人が少ないのですが、どうにかここまでこれました。結果は10日後だそうです。取締役の方が面接してくれたのですが、1時間質問攻めにしてしまいました。楽しかったです。

======

※このブログは引越ししました!
 就職活動を終え、どのような社会人生活を送っているかなどを書いてます。




| 就職活動 | 20:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
これまでの就活2
今日は今月までの就活を振り返ってみようと思います。
数字で整理してみます。


■10月(参加数)
・説明会(学内):3
・説明会(学外):0
・合同説明会:0
・OB訪問:1
・面接/選考:0



僕は10月末から何となく学内の説明会に参加するようになりました。でも美大に来る会社というのはプロダクトデザイナーとかが多く、自分にはあまり関係ないので興味があれば言行っていたという感じです。
この月はまだ、「就職するかしないか」ではなく、「就職活動をするかしないか」で迷っていた時期です。






■11月
・説明会(学内):12
・説明会(学外):3
・合同説明会:2
・OB訪問:0
・面接/選考/筆記:1



11月4日に一週間のタイ旅行から帰ってきました。11月からはとにかく割り切って就活
をやろうと思っていたので、とにかく説明会に行きまくりました。やる気が出たわけではなく、就活をやってもいないのに就職するかしないかで迷っているのはアホくさいなと思ってのことでした。
実際就活をやりだすといろんな会社があるのを知りました。「こうやってこの会社は生きてるんだ(お金が回ってるんだ)」というのがわかりだし、就活が楽しくなった時期です。あと、就活を通して出会う人たちと飲んだりするのも楽しいと感じるようになりました。
「毎日が充実!」みたいな時期でした。

この月の最後にワークスアプリケーションズの筆記を受け、「今まで自分が会社を選んで説明会に行っていたけど、こうやって筆記とかを受けて選ばれる側になるんだ」と自覚しました。この意識の変わり目は大きなターニングポイントでした。




■12月
・説明会(学内):7
・説明会(学外):5
・合同説明会:0
・OB訪問:0
・面接/選考/筆記:3



11月にワークスの筆記を受け、筆記のヤバさを自覚し、12月1日にイトクロの面接を受け、面接のヤバさに気づきました。自分のダメさを自覚できたのがこの当たりでした。この時期は週1くらいで選考があっていました。初めて選考プロセスを経験し、綱渡りしながら何とかやっていたような時期です。ゼミ展とかがある中、割と奮闘していました。





■2010年1月
・説明会(学内):7
・説明会(学外):1
・合同説明会:0
・OB訪問:0
・面接/選考/筆記:5



12月末から実家に帰省し、5日に東京に戻ってきました。地元で友達とふらふら遊び歩いていましたが、就職のことは頭から離れませんでした。1月から選考が多くなるというのは予め決まっていたので、そのことばかり考えてました。あと、学校の課題や早稲田でのプレゼンの用意などがあり、苦しい時期でした。
選考では、とにかく「企業に媚びない就活を!」というテーマを貫くようにしていました。媚びないというのは、調子いいこと言って自分を良く見せない。できる風に装わない。調子いいこと言って自分を曲げない。などの意味をかぶせて使ってます。
1月も割と奮闘していた時期です。





■2月
・説明会(学内):9
・説明会(学外):0
・合同説明会:0
・OB訪問:0
・面接/選考/筆記:8
・オフィス見学:2



今月は実際はあと一週間ありますが(それも選考だらけの一週間)、さらっとまとめます。2月からは自分の中で就活というものが少し変わってきました。「会社を知りたい」という前提はかわりませんが、本当に興味のある企業以外は選考が進んでいてもすべて辞退していくようになりました。

僕は今日まで160社くらいエントリーして60社くらいの説明会に行ってきました。面接も割と受けた方だと思います。その中で1つだけいえるのは、内定が自己目的化している人と、その先を見ている人では全く意識のレベルが違うということです。会社に雇ってもらおうというマインドの人は、面接のときちょっともろく見えるのかなと勝手に思っています。そうじゃなくて、選考も私服で行くくらいの厚かましさがあっていいやんか笑

びくびくしない就活をしていきたいと思います。

======

※このブログは引越ししました!
 就職活動を終え、どのような社会人生活を送っているかなどを書いてます。

| 就職活動 | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今日も説明会6
今日は説明会が1件と、1dayインターンが1件です。


・ZAPPALLAS説明会

今まで何十社も説明会行ってきましたが、ここは本当にいいなと思えました。

良い点
・個人がマーケティングからサービスイン、そして利用動向の分析までできるところ。
・ジョブローテーションでいろんな職種を経験できるところ。
・人材の育成に力を入れているところ。
・ストック型のビジネスモデル(利益率25%)


などに僕は反応しました。特に最初の、個人でサービスのすべてを見れるところは僕にとっては嬉しいところです。ちなみに雰囲気もいいなという印象でした。



・リクルートメディアコミュニケーションズ(RMC)1dayインターン

以前のGWでの反省を踏まえ、嫌われてもいいから進めるところはスパッと進めるということ。あと、話の大枠だけとにかく押さえていこうということには気をつけました。やはり一人ひとり同じ単語を口に出していても頭ではまったく別のことを想像しているので、要所で確認することと、恣意的な合意が築かれないようにということだけは意識してやってました。結果、自分はまだまだだということを感じました。

やはり、それぞれ自分が出したアイディアに固執することは仕方ないので、僕が頭で重要だと思っていることを言葉にして共有しておく必要を感じました。
例えばあるサイトをつくるとして、そのサイト全体でニーズを満たすものであるということを共有しておかないといけない。優先順位もその中にあるそれぞれのコンテンツが上なのではなく、それらが集まったことで多角的にニーズを満たしていることが重要。ということです(これだけ読んでも抽象的だと思うと思いますが・・)。

これは「経験」した僕だけにフィードバックできるものかもしれないです。また今日の反省を生かしてまた別のGWに臨みたいと思います。

======

※このブログは引越ししました!
 就職活動を終え、どのような社会人生活を送っているかなどを書いてます。



| 就職活動 | 00:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
最近の選考結果3
今回は1件の説明会、4件の選考結果などです。


・カービュー説明会
 自動車の業界について知りたいなという思いで参加しました。失礼な話ですが、あまり期待していなかったのですが、社長の人柄と内容の濃さに驚きました。何というか、どの市場もしっかり図にして可視化することで整理ができるし、そこから見えてくるものもあるのだなということを学びました。
あと、学生相手に社長が熱心に会社や車を取り巻く環境について話してくれたことが好印象でした。


・ウェブクルー選考
 次回は役員面接という連絡をもらいました。今度が最大の関門らしいので、頑張ってこようと思います。


・グリー選考
 マッチングという言葉をこんなに意識したことはありません。すばらしい会社だと思いますが僕とはマッチしなかったみたいです。そういうこともあるのですね。



・リクルートメディアコミュニケーションズ
 インターンへのGOサインが出ました。楽しみに行って来ようと思います。


・Hatena(総合職)
 受付あってたのですね。気づいたら昨日締め切ってました。残念です。あと、オープンドアのインターンは祈られました。残念・・。

======

※このブログは引越ししました!
 就職活動を終え、どのような社会人生活を送っているかなどを書いてます。



| 就職活動 | 21:14 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
最近の選考結果2

今日は説明会1件、面接2件、結果1件です。



・mixi説明会


 毎日アクセスするmixi(ミクシー)に行ってきました。原宿の一際高いビルに会社は入っていました。

社長がほぼすべて1人で説明してくれて採用への熱心さが伝わってきました。一方、若干大学の講義っぽくて寝る人が続出していたのは悲劇でしたね。


魅力的な説明会をする会社もありますが、淡々と説明をやるとこも当然あるわけで・・。


とにかく、この会社は人と人のコミュニケーションインフラになるべく邁進していて、それを本気でやっていける人を求めている印象でした。



・ウェブクルー3次面接


 詳しい内容はいつも通り自粛しますが、雰囲気は和やかで「本当にお互いが納得した上で会社に入ってきてほしい」と言っていた人事の方の想いが伝わる内容でした。


結果は後日ですが、パスしてれば次は役員面接です。



・グリー2次面接&結果


 面接終了時に「ここは通過にします」と言っていただいたのですが・・。

本当にいい採用担当の方でした。面接の後半は僕の進路について本気で考えて感想などを言ってくれてて、正直尊敬しました。

その内容の核は、僕のいきたい方向と会社がマッチングしてないという可能性。

あとコンピテンシーの一致/不一致についてでした。今日はそれがよく顕れた面接でした。


面接をしてくださったTさんに与えてもらった期間に、3次選考に進か否かをよく考えようと思います。


======

※このブログは引越ししました!
 就職活動を終え、どのような社会人生活を送っているかなどを書いてます。

| 就職活動 | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今日も説明会5
 本日も絶賛就職活動でございました。今日は貴重な体験ができていい1日でした。



・ニフティ会社見学

 ひょんなラッキーで社内を見学させていただきました。僕は中央線の三鷹より西に住んでいるので、朝の通勤ラッシュを味わうところから疑似社会人体験をすることができました。
会社に着くと社内見学だけでなく、職種や人事制度、研修、会社の雰囲気などを知ることができて本当に行って良かったと思いました。


数ヶ月前、どこかの社会人に「中途採用ではなく新卒採用を取るメリットとは」と質問したとき、「自社のやり方を0から覚えさせれるところ」とか「中途で取ると前の会社のやり方と違うとかいいだして困る」と言っていました。

今日は「中途採用をするメリットは」と聞いたところ「会社に取っては即戦力だし、違う会社とのギャップ学ぶことができる」と返ってきました。
僕は「中途でとるとやり方にギャップがあって大変なんだ」と思っていただけでしたが、それを今日は「それは想定していて、むしろわざとやってる。そこでギャップを知ることで遅れていたやり方を改善できたりもする」ということを聞いて、衝撃でした。
仕事をしたことはなくても、自分のそこまで思考がまわっていかなかったことにがっかりした瞬間でした。その他にもいろいろと話ができて有意義でした。




・セルム×ジョブウェブ コラボセミナー

 まず第一に、Aという会社がおもしろそうなGWを考える。その魅力的なGWの告知をBという会社がして学生を集める。もし、Aという会社名を知らなくて「A社の会社説明会やります!」といっても来なかった学生でも、おもしろそうなGWに引きつけられてセミナーに来る。そこで魅力的なA社の社員に出会い、A社への関心が高まる。

という構図は賢いやり方だなあと感心しました。しかもみっちり4時間もGWやったり企画した会社とコミュニケーションとるので、説明会をやって はいおしまい よりも効果的に学生にささる。いいなあと思いました。

で、実際GWの内容もおもしろくて丁寧なフィードバックもあったりで役にたつことを学べたと思う。


で、今回の一番の収穫は、結構話をしてて楽しい人に出会えたこと。
彼は8歳で中国から日本に来たらしく、日本語はぺらぺら。帰り道が一緒でかなり抽象度の高い本質的な話をした(←は?って感じかもしれませんが・・w)。

彼のいいところは
・人の成長を心から喜べる(であろう人)
・物事を恣意的ではなく、しっかり理解しようとするところ
・誠実で正直なところ(たぶんそうだと感じた。かなりみっちり話した上で)
・正義感が人一倍ある
・将来を見据え、しっかり自分の頭で考えている(地頭がいい)

悪いところは口頭で伝えました(偉そうにもw)


初対面ですが、こういう出会いもあるんだと驚かされました。
就活はこういうことがあるからこそ楽しめると思いました。

======

※このブログは引越ししました!
 就職活動を終え、どのような社会人生活を送っているかなどを書いてます。

| 就職活動 | 01:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/5PAGES | >>